参観日楽しかったね《桜組》

99

今年度はコロナ禍の中で春の参観日が中止となり、今日が進級して初めての参観日となりました。参観の形態も例年とは違い全体を2部制にし、前半と後半に時間を分けて行いました。

3歳児桜組の保育参観は後半の10時30分からのスタートだったので、朝は比較的ゆっくりの登園で、朝ご飯もしっかり食べて全員元気に登園して来てくれました。

保護者と一緒に満面の笑顔で部屋に入ってくることが出来た子ども達は、さっそく「朝の会」から元気な歌声を廊下で観ている保護者の方々に聞かせてあげる事が出来ました。

♪「先生とおともだち」の歌で朝の会の始まりです。
♪「まつぼっくり」の歌では、普通の速さ⇒ロケットの速さ等歌う速さを変えて楽しみました。
♪「松ぼっくり」では「さ」抜きの歌にも挑戦!!…子ども達はとっても楽しそうに手遊びを交えながら歌えていました。
出席をとる時は自分の名前を大きな声で言う事が出来ました。
他の子が発表する時はしっかり聞いてあげる事も出来る様になりました。
今日のメインテーマは「松ぼっくりのけん玉を作って遊ぼう」です。早速子ども達は自分のマイボックスを準備して製作開始です。
色画用紙をハサミで切って、紙コップのけん玉に模様をつけていきました。
細かい作業ですが、みんなとっても真剣な顔つきで作っていました。
完成したら、自分でマイボックスをロッカーに片付けました。
初めはカップの中になかなか入らず、松ぼっくりが頭にコツン🌟と当たったりお友達の紐と絡まったりしていましたが、だんだんコツが解ってくると「はいった!!」と喜ぶ声が聞こえてくるようになりました。

最後は、お帰りの支度を自分で行い、いつもと違う雰囲気の中で泣かずに頑張って最後までやり遂げた満足そうな笑顔で降園していく事が出来た子ども達でした。
お家に帰って作ったけん玉を見ながら親子の会話も増え、沢山褒めてもらった事と思います。

保護者の皆様には参加人数や参観時間等、いろいろご理解ご協力いただきありがとうございました。