卒園式

521

平成28年度 卒園式

朝から気持ち良く晴れ渡った青空と沢山の人たちに祝福されて、5歳児梅組22名の子どもたちが、山陽桜保育園を卒園していきました。

DSCN9954
卒園証書授与式では、一人ひとり名前を呼ばれて壇上に上がり、園長先生から卒園証書を受け取りました。
DSCN9959
絵画での表彰状を誇らしげに受け取る子どもたち。今年は本当に沢山の子どもたちが、優秀作品に選ばれ、いろいろなところから表彰状を貰うことが出来ました。
DSCN9960
お別れの言葉では、梅組で過ごしてきた一年間の思い出を春、夏、秋、冬と、順に振り返りながら声を揃えて言いました。
DSCN9963
お母さんへのメッセージでは、思わず涙が溢れてきて言葉に詰まりながら一生懸命にお母さんへの感謝の気持ちを伝えていきました。
DSCN9966
保育園生活が長い子は6年以上、雨の日も風の日も病気の時も元気な時も変わらず毎日笑顔で送ってくれ、一日の終わりには仕事でどんなに疲れていても真っ先に笑顔で迎えに来てくれたお母さん、お父さん、本当に今までありがとうございました。子どもたちは愛情を一杯に受けて、まっすぐ素直に成長し、心も体も大きく育ってくれました。

 

DSCN9968
♪「喜びのうた」や♪「そつえんのひに」の歌は涙で声が詰まって歌えなくなる子もいましたが、お母さんやお父さんの方を向いて、しっかり歌うことが出来ていました。
DSCN9970
最後は4歳児桃組の子どもたちが、贈る言葉を言って、♪「きみとぼくのラララ」を歌いました。「お兄さんお姉さん達、次は僕たち私たちが立派な梅組さんになるよ見ていてね・・・」(*^_^*)
DSCN9972
卒園式が終わって園庭に出ると、今度は在園児達がみんなで「お見送り」です。まずはお世話になった先生にお別れのご挨拶です。「赤ちゃんの時には泣いてばかりだった私をいつも優しく抱っこしてくれてありがとう!」

そして・・・

♪「蛍の光」が流れる中、親子で山陽桜保育園の門を出て、今日の卒園式は終わりました。

みんな、入学する小学校が違って離ればなれになってしまうけれど、山陽桜保育園の子どもたちの心はひとつ!・・・大きく逞しく羽ばたいて下さいね♡