「おもいで」表紙作り(part①)《桜組》

141

さくら組になって、色々な絵や壁面製作などの作品を作ってきました。それを一つ一つ思い出しながら綴っていく『おもいで』の表紙作りをしました。
「おもいで」って何の事か知ってる?・・・「???・・・」
「おもいだす」ってどういう事かわかる?・・・「????・・・」
「今日の朝ごはん何を食べた?」・・・「パン!」「バナナ!」「おにぎり!」
「じゃあ昨日の夜のご飯は何だった?」・・・「ご飯屋さんに食べに行った!」「お肉を食べた!」
「みんなよく知ってるね~・・・よく思い出したね」
「じゃあ、運動会では、どんな事をした?」「おまめビビンビーンをした!」「かけっこをした!」「楽しかったね~」
「じゃあ、お母さんと一緒の遠足はどこに行った?」「おもちゃ王国!!」「ダンボに乗ったよ!」
「いいぞいいぞ」「みんなよく思い出してるね~すごい!!」
「じゃあこの絵は何の絵だったかな?」「かお!!」「そうね~桜組になってすぐの頃、自分の顔を描いてみたね」
そんな会話を繰り返しながら一年間の作品を一つ一つ懐かしく見ていきました。
「最後にこの思い出の一番上にくる表紙作りをしましょう」と、いうことで「おもいで」の表紙作りがスタートしました。

「お・も・い・で」の字を一つ一つ確認!
文字の中を好きな色で塗ってみましょう!
おもいでの文字が塗れたら1個づつ切りましょう。

画用紙に「おもいで」の文字を貼りましょう。文字の向きに気を付けてね!
空いた所に折り紙で「チューリップ」と「うさぎさん」を折って貼りましょう。

うさぎさん完成!ちょっぴり難しかったけど真剣に取り組んで、折れた時には満足の笑顔になりました。
かわいらしい顔を描いてあげました。

うさぎさんとチューリップを貼り付けて、自分を描いてみました。
チューリップの葉っぱやうさぎの体も描き足しました。

「おもいでの表紙作り」はこうして3日間かけて完成しました。
みんなハサミやのりを上手に使えるようになって満足の表紙が出来上がりました。